コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Japanese

大阪大学 オープンコースウェア

セクション
パーソナルツール
現在位置: ホーム 法学部・法学研究科 法学の基礎 シラバス

シラバス

ドキュメントアクション
  • これを送る
  • これを印刷
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
講義名 法学の基礎
目的 本講義は、これから法学を学び始める初学者にとって必要な基礎知識を提供し、法学を学ぶための基礎力を養うものである。まず、最初に現行法の基本的な枠組みと法を機能させているさまざまな仕組みについて検討する。次に、現代の法と法学が直面している新たな課題の一端を紹介しつつ、21世紀の法学が解決を迫られている諸問題について講義する。講義にあたっては、必要に応じて、適宜、歴史的・比較的な観点からの考察を行う。
履修条件 特になし
内容

第1回  自己紹介 本講の目的と法・法学の諸分野
第2回  近代法と現代法
第3回  法学教育・法曹養成
第4回  司法制度
第5回  国家と地方
第6回  家族
第7回  市民社会と公共圏
第8回  法曹の新職域
第9回  少年法と刑事法
第10回  伝統的紛争解決と代替的紛争解決(ADR)
第11回  生命倫理と法
第12回  リスクと法

以上の講義計画であげている各回の講義は、内容によって複数回に渡ることや複数回を1回にまとめることもある。

教科書 特に指定しない。パワーポイントを用いたプレゼンテーション、プリント教材の配布、板書などを併用しながら講義を進める。
なお、三成が担当する第2回~第7回の講義については、講義レジュメや講義資料などを事前にWebCTに掲載するので、各自参照し予習のうえ、レジュメ等を講義に持参すること。
参考書 授業の中で適宜指示する。
成績評価 期末試験により行う。
オフィスアワー

別途掲示する。

Copyright 2010, 寄稿する作者による. 引用/出所元. シラバス. (2012, February 17). Retrieved October 24, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/law-and-politics-jp/introduction-to-legal-studies-jp/syllabus-jp. この作品は次のライセンスによっています: Creative Commons License Creative Commons License