コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Japanese

大阪大学 オープンコースウェア

セクション
パーソナルツール
現在位置: ホーム 法学部・法学研究科 知的財産法1 シラバス

シラバス

ドキュメントアクション
  • これを送る
  • これを印刷
  • コンテンツビュー
  • S5プレゼンテーション
  • ブックマーク
講義名 知的財産法1
目的 経済のソフト化に伴い、企業活動においてその重要性を増している知的財産がどのように法的に保護されているかを、特許法による発明の保護を中心として、概観する。
内容 第1回 知的財産法の概要
第2回 特許法の概要
第3回 特許権の保護客体:発明
第4回 特許要件(1):産業上の利用可能性、新規性
第5回 特許要件(2):進歩性、先願主義
第6回 特許要件(3):拡大先願、不特許事由
第7回 特許権の保護主体:発明者
第8回 特許権の取得手続
第9回 特許権の効力
第10回 特許権侵害(1):文言侵害、均等論
第11回 特許権侵害(2):間接侵害
第12回 特許権侵害に対する救済
第13回 特許権の消滅
第14回 特許権の利用
第15回 実用新案法
教科書 高林龍『標準特許法(第3版)』(有斐閣、2008年)
参考書 ・特許法
中山信弘『特許法』(弘文堂、2010年)
渋谷達紀『知的財産法講義I(第2版)』(有斐閣、2006年)
竹田和彦『特許がわかる12章(第6版)』(ダイヤモンド社、2005年)
竹田和彦『特許の知識(第7版)』(ダイヤモンド社、2004年)
増井和夫・田村善之『特許判例ガイド(第3版)』(有斐閣、2005年)
特許庁Webサイト<http://www.jpo.go.jp/indexj.htm>
・知的財産法全般
土肥一史『知的財産法入門』(2007年、中央経済社)
角田政芳・辰巳直彦『知的財産法(第5版)』(有斐閣、2010年)
田村善之『知的財産法(第5版)』(有斐閣、2010年)
成績評価 ・成績評価は、受講生が40名以下である場合には、平常点1割、学期末(筆記)試験の評点9割の割合で両者を総合して行う。平常点は、教員が行う質問に対する回答の内容により評価する。
・受講生が40名を超える場合には、学期末(筆記)試験のみで成績評価を行う。
コメント ・授業では受講生に対して質問をするので、十分な予習・復習をする必要がある。
・レジュメは、前の回の授業時に配布する。そのため、欠席する場合には、事前に連絡するか、欠席後直ちに教員に連絡してもらいたい。連絡方法は、e-mailが望ましい。
オフィスアワー ・オフィスアワーは、火曜日3時限である。
・事前にメール等により予約をしてもらいたい。
・オフィスアワー以外でも事前予約で対応する。
Copyright 2010, 寄稿する作者による. 引用/出所元. 茶園成樹. (2011, September 22). シラバス. Retrieved May 30, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/law-and-politics-jp/intellectual-property-law-1-jp/syllabus-jp. この作品は次のライセンスによっています: Creative Commons License Creative Commons License