コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Japanese

大阪大学 オープンコースウェア

セクション
パーソナルツール
現在位置: ホーム 言語文化研究科 理論言語学研究A シラバス

シラバス

ドキュメントアクション
  • これを送る
  • これを印刷
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
— カテゴリ: , , , , ,
講義名 理論言語学研究A
目的 今年度は、QPに関する諸問題を考える。
内容 理論言語学研究Aでは、QPに関する代表的な先行研究を概観し、理論言語学研究Bに向けて基礎固めをする。特に東アジア言語に焦点を当て、Huang 1982, Hoji 1985, Aoun and Li 1993等を扱う予定である。講義は英語で進める。
参考書 Aoun, Joseph and Yen-hui Audrey Li. 1993. Syntax of scope. Cambridge, MA: MIT Press.
Hoji, Hajime. 1985. Logical form constraints and configurational structures in Japanese. Doctoral dissertation, University of Washington.
Huang, C.-T. James. 1982. Logical relations in Chinese and the theory of grammar. Doctoral dissertation, MIT.
May, Robert. 1977. The grammar of quantification. Doctoral dissertation, MIT.
成績評価 学期末のレポート、発表内容、提出課題等を総合的に評価する。
Copyright 2010, 寄稿する作者による. 引用/出所元. 宮本陽一, admin. (2010, May 26). シラバス. Retrieved August 18, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/language-and-culture-jp/theoretical-linguistics-a-jp/syllabus-jp. この作品は次のライセンスによっています: Creative Commons License Creative Commons License