000002 - ロボット演劇「働く私」, 2008

wakamaru

ロボット演劇「働く私」

石黒 浩教授

工学部・工学研究科
大阪大学

 

概要

コミュニケーションロボットやサービス用途に用いられるロボットは、近年、人間社会にとけ込もうとしています。しかしながら、外観や動きの未熟さからか、まだまだ、異物感が払拭できていません。これは人間が抱くロボットに対するイメージとロボットの機能のギャップに起因しています。

ロボット演劇プロジェクトの目的は、近未来に実現されるロボットとの関わり方を人々に見せ、ロボットに対するイメージを現実のものに近づけるとともに、感性価値の観点からロボットのみならず、プロダクトデザインを考える上で、今後、重要視されるであろうモーションデザインに関して検討するものです。

Citation: 石黒浩. (2009, February 18). ロボット演劇「働く私」. Retrieved September 20, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/engineering-jp/robot-actors-project-jp.
Copyright 2010, by the Contributing Authors. This work is licensed under a Creative Commons License. Creative Commons License