コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Japanese

大阪大学 オープンコースウェア

セクション
パーソナルツール
現在位置: ホーム コミュニケーション・デザインセンター 科学技術コミュニケーション入門

360104 - 科学技術コミュニケーション入門, Spring, 2009

ドキュメントアクション
  • RSS Feed
  • これを送る
  • これを印刷
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
kagaku

科学技術コミュニケーション入門

 

コミュニケーションデザイン・センター所属教員

コミュニケーションデザイン・センター
大阪大学

授業時間: 週1回、90分

レベル: 大学院

 

授業概要

われわれの社会は科学技術の発展の上に成り立っている。これまで、科学技術をどう発展させ利用するかは専門家に任せておけばよく、一般市民はその結果を享受すればよかった。しかし近年、科学技術のために環境・生命・生活の安心が脅かされるようになり、市民が科学技術のあり方に関わろうとする動きが生まれている。これからの専門家には市民と対話する能力が求められているといえる。
 

Copyright 2010, 寄稿する作者による. 引用/出所元. 小林 傳司. (2010, April 09). 科学技術コミュニケーション入門. Retrieved March 30, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/communication-design-center-jp/introduction-to-science-and-technology-communication-jp. この作品は次のライセンスによっています: Creative Commons License Creative Commons License