コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Japanese

大阪大学 オープンコースウェア

セクション
パーソナルツール

シラバス

ドキュメントアクション
  • これを送る
  • これを印刷
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
講義名 世界は今-サンフランシスコから
目的 世界は動いている。日本の、関西の、大阪の地方でのんびりとしていては確実に世界に取り残される。そこで、最も動きの激しい、米国カリフォルニアのシリコンバレー、ベイエーリアで活躍中のトップの経験談を直接聞いて、世界の今を理解し、国際社会で暮らし、志を立ててチャレンジする精神と勉学のあり方を学ぶ。
内容

米国のさまざまな分野で活躍中の日系トップの話を、阪大サンフランシスコセンターのスタジオからライブの遠隔授業(インターネット)により配信する。授業中に、テレビ会議システムを介して受講生と講師との質疑応答を行う。

  • 4月20日(金) 「世界遺産の保存:スフインクスから敦煌莫高窟まで」
     サンフランシスコ教育研究センター長 谷本親伯

    今、世界遺産の遺跡が地球の環境変化と人的被害により危機にさらされている。遺跡破壊の原因をトンネル地質学の専門家の立場から現地調査して、地下水との関連を明らかにした。世界は今の講義を通して、環境科学の重要性を一緒に考えたい。
  • 4月27日(金) 5月11日(金) 「私の留学経験:ステーキとお寿司、国際金融情勢」
     バンク・オブ・ザ・ウエスト・取締役顧問/阪大客員教授 松浦 功

    二度の留学体験(国連、カリフォルニア大学ロースクール)を通して学んだことをシェアするとともに、希望と期待に燃えて入学された学生諸君が、これからの生き方について深く考えて頂けるきっかけとなるような内容の話をしたい。具体的には、異文化・多文化の経験と、生き方の哲学とでも言うべきことの二本立てを考えている。
  • 5月18日(金) 5月25日(金)  「新天地の醍醐味―ベンチャー企業を起こして」
     B-Bridge International, Inc. CEO/President 桝本 博之

    日本の大企業の社員に飽き足らず、米国に渡り、バイオ関連企業で経験をつんだ後、日本の技術輸出、製品販売の日米間の懸け橋となるべく、自分でバイオベンチャー企業をベイエリア(シリコンバレー)に起こす。日本からの学生を毎年インターンとして受け入れている。メディアを通じて学生一人一人と話してみたい。
  • 6月1日(金) 6月8日(金) 「ビッグサイエンスと国際協力-すべては霧から始まった」
     日本学術振興会サンフランシスコ研究連絡センター・所長 竹田 誠之

    高エネルギー加速器研究機構の教授として、世界の高エネルギー加速器研究所と共同研究を行ってきた。こうした、ビッグサイエンスを指揮するにあたってのエピソードを紹介する。そのかたわら、日本学術振興会ワシントン事務所長として国際協力を推進し、サンフランシスコに新たな事務所を設置してきた。こうした国際協力のあり方と、日本の学生の国際社会における活躍の場とそのサポート体制についてもお話しする。
  • 6月15日(金) 6月22日(金) 「チャレンジのすすめ」
     日本及びカリフォルニア州弁護士 下田 範幸

     工業高校の落ちこぼれだったが、一念発起して、チャレンジを開始。まずは、早稲田大学政治経済学部にチャレンジ、一浪後に合格。2年で中退後、独学で司法試験にチャレンジ、4回目に合格し、弁護士になる。弁護士生活7年後、アメリカのロースクールにチャレンジ、デューク大学のロースクールに合格。卒業後、サンフランシスコの国際法律事務所に就職。カリフォルニア州の司法試験にチャレンジして一回で合格、カリフォルニア州弁護士となる。1999年に同国際法律事務所のパートナーに昇格。現在、世界に31のOfficeを持ち、800人以上の弁護士を擁する国際法律事務所Squire, Sanders & Dempsey L.L.P.のパートナーとして仕事をしている。以上のようなさまざまなチャレンジを通して学んだことを学生の皆さんにお話ししたい。
  • 6月29日(金) 7月6日(金)  「ラジオ放送と新聞-言葉の不思議」
     SFラジオ毎日・北米毎日新聞社 社長 中川 淳子

    日系ラジオと新聞社の社長としての経験を踏まえ、話し手の言葉の意味、文化の違いからくる言葉のギャップ、日系人の独特の言葉などについて話したい。
  • 7月13日(金) 7月20日(金) 「アメリカの若者文化におけるJポップカルチャーの影響」
     Viz Media, LLC Founder/Co-Chairman 堀淵 清治

    日本のマンガやアニメが世界市場へどのようにして登場し発展したかについて、出版する側の実体験に基づいて書かれた最初の手記となる自著「萌えるアメリカ」(日経BP社)を中心に講義を行う。単身渡米したヒッピー時代から、アメリカでマンガ出版社「VIZコミュニケーションズ」を起業し、ポケモンブームや、英語版「SHONEN JUMP」創刊などの様々な経験を通じて捉えた、世界市場におけるマンガ・アニメビジネスの今後について考察する。
教科書 特になし。レジュメ資料を配布。 ビデオ教材をご覧になるためには"RealPlayer"が必要です。
参考書 各講師より授業中に指摘
評価 テレビ会議システムによる質疑応答、および各講師へのレポート(感想、意見を含む)
コメント  
Copyright 2010, 寄稿する作者による. 引用/出所元. 谷本親伯, 松浦功, 桝本博之, 竹田誠之, 下田範幸, 中川淳子, 堀淵清治. (2007, June 28). シラバス. Retrieved September 23, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/celas/world-affairs-now-from-san-francisco-jp/syllabus-jp. この作品は次のライセンスによっています: Creative Commons License Creative Commons License