コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Japanese

大阪大学 オープンコースウェア

セクション
パーソナルツール

シラバス

ドキュメントアクション
  • これを送る
  • これを印刷
  • コンテンツビュー
  • ブックマーク
— カテゴリ: , ,
講義名  商法総則・商行為法の応用
目的 商法総則・商行為法の基礎を修得した者に対して、応用力を身につけさせるため、あらかじめ用意した事例式・短答式の問題を解答させ、授業では、みんなで検討する。
受講条件 学部時代に、総則・商行為の授業を履修していたこと。又は商法基礎を履修又は同時履修していること。
内容 商法総則・商行為法の事例演習を基本とする。
授業計画 商法応用
第1回商法の法源と適用順位
第2回商人概念と商行為概念
第3回商業登記の効力
第4回商号と名板貸
第5回営業と営業譲渡
第6回商業帳簿と商業使用人
第7回商事代理、商人の報酬請求権
第8回商事法定利率、商事時効、商事留置権
第9回商事売買、消費者売買
第10回仲介業(代理商を含む)
第11回運送業(1)
第12回運送業(2)
第13回場屋営業、倉庫業
第14回交互計算、匿名組合
第15回期末試験の講評等
学習方法 あらかじめ教務係に用意しているレジュメを受け取り、解答を用意して授業に望むこと。2時間程度の予習時間となろう。復習は必ずしてもらいたい。1時間程度は必要。
教科書 特に指定しない。
参考文献 江頭憲治郎著『商取引法第5版』(弘文堂、2009年)
江頭憲治郎・山下友信編『商法(総則商行為)判例百選[第5版]』(有斐閣、2008年)
評価 平常点と筆記試験(受講生が10人以下になった場合はレポート試験)の割合は3対7とする。平常点は、出席状況、報告と授業における発言を基礎とする(20点を基準)。
コメント 司法試験では、会社法が中心となるが、この分野は、実務家になった際に重要な点もあるので軽視してはならない。
Copyright 2010, 寄稿する作者による. 引用/出所元. 山下典孝, admin. (2010, May 19). シラバス. Retrieved November 21, 2017, from Osaka University Open Course Ware Web site: http://ocw.osaka-u.ac.jp/Graduate-School-of-Law-jp/advanced-seminar-on-commercial-law-jp/syllabus-jp. この作品は次のライセンスによっています: Creative Commons License Creative Commons License